浴衣の着こなし方

夏になると浴衣を着たカップルをよく見かけます。花火大会やお祭りなど以外にも、ちょっとランチに浴衣のおしゃれを楽しむ若い女性を見かけます。着こなしかたも従来の決まりや風習などにとらわれず自由に着こなしを楽しんでいる人も多いようです。

たとえばリバーシブルのビビットカラーの帯やラメ入りの華やかな帯にレースを組み合わせてみたり、とても個性的でキュート着こなしを楽しむ人が増えているようです。

仕事の衣装としてキャバクラや居酒屋で浴衣をユニフォームとして利用しているところもあります。

浴衣に限らず和服はどこか敷居が高く感じるという人は少なくありませんが、もっと自分なりの着こなし方を楽しんでもいいのかもしれません。

おすすめ翻訳通訳と親鸞会

社会の授業でも習う親鸞という人物は鎌倉時代に生きた人でした。鎌倉時代というのは、海外から日本に伝わった仏教が更に発展し、鎌倉仏教と呼ばれる事もあります。

そして、仏教という観点から考えた時に親鸞が生きた鎌倉時代というのはとても重要な時代であったと考えられるでしょう。浄土真宗や浄土宗が誕生したのもこの時代です。この当時に生まれたものは、現在の私たちにも大きな影響を与えていると言えるでしょう。

また、当時は武士の社会であり、文化なども発展していきました。そして、庶民の文化もより素晴らしいものへとなりました。もし、この時代がなければ、現在の日本の社会は大きく違っていたかもしれません。